mikaの旅。〜YMS2018 イギリスワーホリ生活〜

YMS2018後期当選!19年4月渡英。現在オックスフォードで、3つの仕事をしています。 貯蓄、経験、語学力は乏しいですが、情報収集力と行動力と笑顔だけには自信があるので、どんどん未知の世界にぶっ込んで行きます。誰かの参考になれば幸いです。

Black Lives Matter

この事についてどう向き合うべきがずっと考えていました。
なかなか纏まらず、こうして書くまでに、かなり時間がかかってしまいました。

おそらく今まで言及していませんが、私のlandladyは黒人です。
今一緒に暮らしています。
私にとっては普通で、日常で、特に言う必要もなかった事です。
彼女は自身で会社を経営する、強くて、美しい女性です。
同時に母親でもあり、娘ちゃんが2人います。とても可愛いです。
私は一個人として、女性として、全てに精一杯向き合う彼女を心から尊敬しているし、たくさんの刺激をもらっています。

今回の事件、そしてムーブメントを受けて考えました。
私は何をするべきなのだろうと。

黒人の差別問題と聞いても、身近な問題として捉えられる方は少ないかもしれません。私もそうでした。
けれど、差別という括りで見ると、世界中で起きていて、私の人生を振り返ってみても、在日韓国人であることを隠し続けていた先輩のこととか、コロナ!と暴行を受けたアジア人のこととか、思った以上に日本人も差別の対象なんだと気づかされたトロントでの出来事とか、いろんなことを思い出します。

こう言った問題は、遠い別の国の話ではなくて、きっと世界中どこででも起きている。

今回のムーブメントの中、たくさんの悲しい動画、画像、そして言葉を見ました。
できれば、目を逸らしたかったけど、そうしちゃいけないと、landladyの優しい笑顔が浮かび、なぜか、ひどく落ち込みました。
けど、それは私が今までなにも知らなかったから。
特に黒人に対する人種差別は、歴史、国家、社会の在り方、全てが複雑に絡み合った、とても根深い問題です。
簡単じゃない。解決するかも分からない。

じゃあ諦めるべき?
いや、何ができるだろうと考えて考えたら、きっと方法はたくさんあるんじゃないかとも思った。
まずは一人一人が現実を知ること、そして、考え、自分の意見を持つ事。
やれそうなら、何か行動を起こしたり、SNSで発信しても良い。
けど、もちろんすぐに何か大きなことをしなくて良いよね。
友達や家族との何気ない会話の中で、小さなディスカッションが生まれるだけでもきっとすごく価値がある。

私もいまだに、私がどうするべきなのか、何ができるのか考えているところです。

Educate yourself.
まずは知ることから、考えることをやめてはいけない。

そして、もちろん加担しない。
違和感を感じるなら、発言/意見する勇気と自信を持とう、、、持ちたい。
「差別を許さない」立場を貫きたい!

私は異なったバックグラウンドを持つ人々が溢れる街、トロントとロンドンでの生活を経験し、多様性の素晴らしさと美しさを知りました。
いろんな歴史、文化、知恵、それらが混じり合った世界はとても魅力的なのに。
もっとお互いに感謝したり、協力したり、acceptすることってそんなに難しいのかな。

完全に解決することは難しいのは分かっているけど、希望は捨てたくない。捨てない。


この文章まとまりないですよね。
私もまだ混乱してるんです。
けど考えないといけないから。
投稿するか悩んだけど、この投稿をきっかけに、考える輪が広がれば良いと思って書きました。

けどやっぱり、もっとちゃんと勉強します。
私は無知すぎる。

最後に。
最近、インスタグラムの投稿のコメントをオフにしました。
それは私にも嫌なコメントが届くからです。
悪口を言うためだけに作られたみたいな、空っぽのアカウントで、自分の人生の貴重な時間を使い、わざわざ私(他人)を傷つけることで、何が生まれるのかな。
なぜそんな事をするのか、理由を知りたいような、心底、クソどうでも良いような、複雑な気持ちです。
だけど、シンプルに傷つきました。
だから、しばらくコメント欄閉じます。
また気が向いたらオープンにします。


人は誰かを攻撃することで、自分を守っているのでしょうか?
人間は思っていた以上に、脆く弱い生き物だと、ここ数ヶ月で痛感しました。

けど、同時にその反対も知った。

だから私も、もっと強くなりたい。
攻撃じゃない。もっといろんなことを受け入れることのできる、強さが欲しい。


画像はRolaのインスタからお借りしました。
このイメージ、すごく好きです。