mikaの旅。〜YMS2018 イギリスワーホリ生活〜

YMS2018後期当選!19年4月渡英。現在オックスフォードで、3つの仕事をしています。 貯蓄、経験、語学力は乏しいですが、情報収集力と行動力と笑顔だけには自信があるので、どんどん未知の世界にぶっ込んで行きます。誰かの参考になれば幸いです。

所要時間10分!オンラインでBRP住所変更!

こんにちは!みかです!

 

また更新を一週間以上サボってしまいました。

書きたいことが沢山あるのに!!

 

ブログ書くのまだまだ慣れてないので、結構体力使う?から、書き始めるまでにどうしても時間がかかっちゃうのです。

ネタが溜まっていく一方。

はにゃー。けど、頑張ります。

 

今日の内容はずっとご紹介したかったのです。

やっと書ける。(いや、自分次第なんだけど)

 

 

タイトルからわかるように、、

BRP住所変更のやり方大公開します!!!!

 

YMSで渡英した人のTODOとして、真っ先に上がるのが、BRPカードのピックアップ。

以前これについては記事書いてますので、BPRカードとはなぞや!という方は読んでみてね。

 

mikanotabi.hatenablog.com

 

ビザ申請時に、最初の滞在先を入力しなければならないのですが、その住所の最寄りの郵便局がBRPカードのピックアップ場所となります。

 

したがって、私含め多くの人が、最初は仮の住所(アクセスしやすいホテルやホステル等)を入力したと思いますが、実はBRPカード、ピックアップしたらそれでおーわーりー\( ˆoˆ )/ではなく、ビザ申請時に入力した住所以外の場所に引っ越す場合、住所変更の手続きを行わないといけないのです。

 

BRPカードは、身分証明書なので、よく考えりゃーそうですよね。

 

変更事項がある場合は3か月以内に申請しないと、罰金がかかる!?なんて記事も読んだことがあるので、長期的に滞在する住所が確定したら、すぐに住所変更の手続きを行ってくださいね!

 

さて、ここからが本題。

どうやって変更するの??

 

ビザ申請の手順を振り返ると、イギリス政府はどーもややこしいことが多い、、。

だからこの住所変更もきっとまた書類出したりごにょごにょ。。。。

 

と思った皆さん。私も思ってました!

 

しかし!!

 

実際は!!

 

ちがーーう!!

 

タイトルからわかるようにオンラインで10分で終わります。

なぜかこういうところはスマートなイギリス政府様。

 

では、手順を紹介していきますね。

 

1、事前に用意するもの

・パスポート

・BRPカード

・ビザ申請したときに登録した住所の郵便番号

・新しい住所の証明書

 

2、下記URLにアクセス

住所変更申請サービス

visa-address-update.service.gov.uk

 

3、リンク先に従って住所変更の申請をするだけ(所要時間約10分)


ID (パスポートやBRPカード)と、新しい住所の証明書(銀行のステートメントやガスの請求書など)をアップロードする必要がありますが、私はパパッと写メ撮ってアップロードしました。
(ちなみに私はIDはパスポート、住所の証明書は銀行から届いた書類を使用。)

 

以上。

 

簡単。

 

しかも、6月9日(日)の夜に申請して、11日(火)には、アップデータ完了のメールが届きました。

 

仕事が早い。

 

本当に一瞬で終わるので、まだ住所変更してないよっていない方はいますぐ、アクセス!

 

ちなみに、私はこの素晴らしい情報を下記ブログ様より発見しました!

こちらのブログでは、スクショ画面も交えて、私の1万倍丁寧に変更の説明されてるので、皆さんチェック!(掲載の許可頂いております)

phlcangbr.hatenablog.com

 

渡英後やらなきゃいけないめんどくさいことは、早めに終わらしちゃいましょ!

 

次はGP登録に行ってきた&無料で、しかもその日にすぐピルGETしちゃった編をご紹介します。お楽しみに!

 

おぉー、今回は結構時間かけずにブログ書けた!

文章もこれくらいの方が読みやすいかな?

 

ではーー。またね!

 

 

最近安定して、応援クリックをいただけております。本当に嬉しいです。

ありがとうございます!

これからもポチッと一発、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村